市販薬を通信販売で購入するメリットとは?

通信販売で購入する薬

通信販売の薬は値段が安価で便利

2014年6月より一般用医薬品の第1類医薬品と第2類医薬品のインターネットでの販売が原則可能になりました。
全ての薬が可能になったわけでなく、一部の薬の販売はされていませんが、この時から一般用医薬品の99%もの薬をネットでも買うことが可能です。
一方、処方薬とも言われる医療用医薬品はまだ解禁されていません。

この他、通信販売で買えない薬はどんな薬かと言うと、医療用から一般用になって間もない薬、劇薬、人体への影響が大きく大きな副作用が心配される薬です。
このような薬は対面で薬剤師と相談の上、購入しなくてはいけません。

なので個人が薬剤師との対面なしに購入するには危険性があるものは通信販売で買えないことになっています。
こういう点では通信販売の薬に安全性が欠けるということにはならないかと思われます。
もちろん最低限のこと、薬の説明書きをみる、副作用について確認すると言ったことは必要です。

ただし、100%安全かというとそうではありません。
例えば、海外の薬を販売する輸入代行業者のサイトに行けば、日本では販売していない薬、ダイエット薬が買えます。
トラブルでよく聞くのが、正規品ではなかった、商品が届かないという業者に関するものです。
また海外で服用されているもので、日本人が飲んだときに副作用がどのように出るかというのは実績がないので何とも言えません。
そういった点では信頼できる業者を見つけて置くことが大事です。

TOPへ戻る