通信販売で購入する薬

通信販売の薬は安全なのか?

価格が店舗よりもなぜ安い?

市販薬の価格が店舗が決めることができる、オープン価格です。
そのため、販売会社のコスト削減などの努力があれば価格をさげても利益を出すことができます。
そういった意味では店舗でしたら維持費が通信販売と比べるとかかりやすいので、どうしても価格が高くなりやすいです。

ただし、通信販売の場合、送料がかかりますので、薬代と送料の総額を比較して購入することをお勧めします。
送料はサイトや購入金額で変わりますので、キャンペーンやセールを利用するとよりお得に買い物ができます。
そして、決済の方法が多岐にわたることも魅力です。
大手のドラッグストアやスーパー併設の店舗ではクレジット決済はできるようになってますが、通販でしたらクレジット以外の決済も選べることが多いです。

利便性は通信販売がなにより!

薬に限らず、日用品や電化製品も通信販売で買う人が増えている要因はその利便性です。
家にいながら、ほしいものをパソコンを使って買え、到着も早ければその日のうちに届きますし、翌日に届くこともありますね。
また、到着の日にちや時間指定もできるので、こちらの都合のいい時に受け取ることもできます。
欲しい!必要!と思った時に買い物できる利便性は店舗にはかないませんし、品ぞろえの面でも通信販売は便利なツールです。

また、交通手段が少ない、近くにドラッグストアがない、もしくは店舗があっても品数が少ないという地域に住んでいる方や外出がすぐにできない方にとっては便利というだけでなく、通信販売自体が必要不可欠になってきます。

TOPへ戻る