通信販売で購入する薬

店舗よりも様々な薬が入手しやすい

海外の薬

海外の薬を購入するには少し前まででしたら、海外サイトで直接購入するしかありませんでしたが、今では輸入代行会社が輸入して販売をしているので、外国語がわからなくても日本語のサイトで購入が可能です。
海外の薬は安全かどうかは議論がありますが、日本の薬に関する規制が強いことや海外では日常に服用されている薬もあることを考えるならば、全てが日本人には危険とは言えないのではないでしょうか。
販売できる薬の種類の拡大についても日本は比較的遅いと言われているので、購入する側が薬の説明書を読むなどして対応をすれば安全性は高いです。

但しそのサイト自体が信頼できるかというのも大切になってきますので、口コミなどを参考にしましょう。

人目が気になる薬

風邪薬や目薬は気にせず買えますが、例えば水虫やデリケートゾーンの塗り薬、妊娠検査薬といったものを対面で買いにくいと思う人は多いのではないでしょうか。
店舗で、そのような薬の陳列棚で時間をかけて探したり、薬をもってレジに並ぶのが億劫という人もいることでしょう。
また、薬によっては店員に声をかけ、レジの後ろの棚からとってもらわないといけない薬もあります。
購入の際に、薬剤師に症状を話さないといけないので、他の人に聞かれて恥ずかしいという思いをしたことがある人もいるかもしれません。

通信販売でしたら、そのような人の目を気にすることなく買い物ができます。
ゆっくり選ぶこともできますし、安心して買い物ができます。

TOPへ戻る