通信販売で購入する薬

事前に薬の成分を確認できる

添付文書や説明書

市販薬の箱の中にある説明書。
普段から服用しているものでしたら読まずに捨てているという方もいるかもしれません。
しかし、服用する際の注意点がかかれており、薬の成分についての説明もあり必ず確認してほしいという一筆も書かれています。
注意点でよくあるのが、眠気などの可能性のある副作用、食べ合わせや飲み合わせで注意しなくてはいけないことです。
また、この成分にはこのような効果があるといった、薬の効能に関する欄もあります。

こういった説明を、通信販売でしたら購入前に確認することができるので、眠気が出ない薬を選んだり、他の薬との兼ね合いを考えて購入ができます。
店舗の薬剤師にも相談できるかもしれませんが、購入前に自身で確認することで安心にも繋がります。

相談がしやすい

対面の方が相談しやすい内容もありますが、購入後でも疑問点をテレビ電話やメールを使って相談できるというのが通信販売のメリットです。
たしかに対面の方が説明はしやすいかもしれませんが、店舗の営業時間に行かないといけませんので、近くにない時や夜や朝など時間しか行けない人には通信販売の方が便利ではないでしょうか。
特にテレビ電話で相談を受け付けしている販売業者でしたら、メールなどのやり取りが慣れていない方にも安心してやり取りができます。

こういったサービスがあるのは、薬の通信販売の安全性を高めるためで、店舗で購入する時と同程度以上の安全性を確保するためです。
サイトによっては専属の薬剤師をつけてくれるそうなので、そういった面から通信販売サイトを選ぶのもいいかもしれません。

TOPへ戻る